Monthly Archives: 11月 2014

敏感肌の原因

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s

 

明日から12月ですねぇ
師走は一気に過ぎ去っていくといいますが、
寒さも本格的になっていくようで、
年末年始を楽しく過ごすためにも
風邪などひかないようにしないといけないなって思いますね。

 

肌のタイプで

 

「私、敏感肌で・・・」っていうのを聞くことが

多くなりました。

でも実は肌のタイプ的に通常は

 

・乾燥肌

・混合肌

・脂性肌

この3つの分類しかありません。

超敏感肌の私ですが、乾燥肌でもありますが、

鼻はテカるという混合肌です。

敏感肌は

「肌が乾燥しいろいろな刺激に対して敏感に反応する肌」

というのが正しい回答になります。

 

何で敏感肌になるのか?

 

要因は実は様々です。

 

①アレルギー

親がアレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎だったりすることで、
遺伝的にアレルギー体質だったりします。

そうすると肌が乾燥して皮膚の外からの刺激から守る力が弱くなっているのに
も関わらずアレルギーを引き起こすものに対して敏感に皮膚が反応し、

かゆみとなってあられるのです。

乾燥肌でかぶれなどを起こす方は

アレルギー性皮膚炎+乾燥肌が組み合わさって敏感肌になっているといえます。

 

②外からの刺激によるバリア機能の低下

 

・洗顔するときにしっかり洗う

・ファンデーションはしっかり塗る

・化粧水はパッティングして入れ込む

などなど、

皮膚にとって刺激になることって知らず知らずに
やっているものです。

何気なくやっているその行動が
ラップほどしかない皮膚のバリア機能を低下させて
何に対しても敏感に反応させる肌を作りだしているのかもしれません。。

 

敏感肌って本当に複雑です。
自分の肌を良く知って、改めて肌には負担をかけないような
生活を心がけないといけないなぁって思いました。

12月は忙しくなりそうですが、肌のお手入れは怠らないように
したいと思います

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

忘年会シーズンに身体を守る方法

2b3c4d9f829f4de9db755d30f66da0c1_s

 

いよいよ12月になりますねぇ。
早いもので、もう1年が終わるのかと思うとちょっとさびしい気もします。
でも、あたらしい年に向けてラストスパートで
頑張りたいと思います。

 

12月は忘年会シーズン。
毎週末、飲み会が入っている人も多いかもしれません。

お酒の機会が増えるこの時期は特に年末までに
身体の調子が悪くならないように自分の身体をコントロール
したいですよね。

 

身体を守るためにおさえておきたい2つの事。

 

①アルコールをとった後は水を飲む

アルコールを飲むとトイレに行きたくなるって
ありませんか?あれはアルコールの成分によってのものです。
でも、水分が体内から抜けることで、アルコールの糖質によって
血液循環も悪くなります。
老廃物が滞りやすくなるので、
アルコールをとったあとはとった量の1.5倍は水を飲むのがいいそうです。

 

②忘年会の席の前後は食べるものに注意

たのしい忘年会の席ではお酒も、お食事も進むものです。
その時は雰囲気で沢山食べちゃったでいいと思います。
そうすることでストレスの軽減にもなるんです。

でも、それが続けば胃腸にも負担がかかります。
胃に刺激を与えないものをアルコールを飲む前にとる。
そして、飲んだかとは胃を休めてアルコールの分解を早める。
これが重要になります。

飲む前・・・チーズ、ヨーグルト(胃の粘膜に保護する壁を作る。)

オクラ、なめこ(ムチンというねばねば成分が胃の粘膜を保護する)

飲んだ後・・柑橘系の果物(アルコールの分解を早める)

 しじみ(疲れた肝臓の働きを良くする)

 

アルコールに飲まれて大切なお休みが1日つぶれてしまった・・・
とかならないように楽しく、賢くアルコールをとれたらいいですよね~

私もお酒に飲まれぬよう、気をつけないとなぁって思います。

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

風邪予防

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

 

今日も風が冷たく、外も夕方からひんやりしてきました。

夜も冷え込みが厳しくなりそうな予感です。。。

この時期は気温変化が激しいので、かぜひきやすくなりますよねぇ。
そもそもなんで風邪ひくの??って

ことですが、

 

「免疫力の低下」

これによってウイルスが侵入しやすくなります。
免疫が低下すればウイルスに勝てないので
風邪をひいてしまうということです。

ではウイルスを寄せ付けない生活とは??

 

①うがい、手荒い。

 

これは基本中の基本ですが、お医者様は口をそろえていいます。
たった30秒の手洗いだけでもウイルスはなんと630分の1までさあるとも

言われています。

 

②空気が乾燥を防ぐ。

 

ウイルスは目には見えませんが、空気中に存在します。
しかも乾燥するとめきめきと飛びやすくなるウイルスたち。
乾燥しているお部屋などはとびやすい状況なのです。。

加湿器は必須ですね。

 

③必須栄養素の摂取

基本ではありますが、毎日の食事に身体に良いものをいれていますか?
それをするだけでも免疫力・体力ともに向上し風邪を寄せ付けません。

たんぱく質、ビタミンA、ビタミンC。亜鉛。これらは積極的にとりたい
ビタミンたちです。

 

基本的なことですが、それが少しできていなかったりすると
体調って激変したりします。日々の生活でストレスがたまったり
睡眠不足だったりすることでも免疫低下につながりますので、
ポイントは基本に忠実に!なのかもしれませんね。

 

私もこの冬は風邪をひかないのが目標。
出産をしてからめっきり風邪をひきやすくなったので、
それにならないように出来るように気をつけないとなって
思っています。基本って簡単なようで私には少しハードルが高いですが、
健康のために頑張りたいと思います。

 

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

冷えと肌荒れ

637e6eba5503e32971cd1dd96806c490_s

 

11月になってもかなり過ごしやすい日が続いていましたが。。
ついに寒波らしいものがやってくるとのこと・・・
これは寒さ対策しないといけないなぁって
思っています。いそいそとカイロとかも出して来ました(笑)

 

そして、この季節の変わり目に肌荒れをしやすい私。
この原因が夏になるって知っていますが??

 

今年の夏も暑かったですよね。。。

エアコン効いているなかでアイスコーヒーサイコーでした。
お風呂上がりのアイスクリーム。エアコンの中で食べるの、サイコーでした。
娘が卒乳も果たしたので、仕事終わりのビールサイコーでした。

 

ということで、身体を温めるなんて一つも考えずに過ごしておりました。
この冷たいものをよくとるという夏の習慣。エアコンがないところでは
やってほしいことです。でも、エアコンが効いたオフィスにずっといるとか、
あまり運動をしないとか、

身体を冷やす行為が胃腸を弱らすのです。。。

 

内臓の鏡である肌、これは実は疲れが出るのが遅い。
夏のお疲れはだいたい肌の周期が変わる頃、正常だと1カ月。遅い人だと3カ月後ぐらいに
現れてくるといわれます。

夏の身体の状態が今季節の変わり目にわかるのです。

口周りにぽつぽつ吹き出物が出る。
そういう人は夏の紫外線や冷えが関係しています。

 

なので、冬は胃を休める意味でも身体を温める食べ物を
積極的にとるのがお肌のためにもいいですよね。

あとは冷やさないこと、

 

手首、

足首、



 

この3つの首を温めることが身体を冷やさないポイントになるそうです。

 

特に首は温めると顔周りの血行も良くなります。

ネックウォーマやスヌード、そしてストールなど
おしゃれに顔周りの血行をよくするのにも役立てるのもいいかもしれませんね。

私も明日は寒いのでストール作戦で頑張ります。

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

冬に食べたい乾燥肌の方のおすすめの食べ物

91f51e8021b871ffb95ad521a68ed65d_s

 

今日は一段と冷え込んでいますねぇ。

外が乾燥して、気温が下がるとどうしても
外と室内に温度差が出てきます。
そうするとそれをコントロールするのが自律神経。
その自律神経、現代社会では乱れやすいといわれています。
ストレス、身体歪み、睡眠不足など・・・自律神経が
乱れることでなかなか体温調整もしにくくなってしまう。
そして血液循環が悪くなる。
その悪循環スパイラルに入るとどうしても肌の乾燥はよくなりません。

だからこそ、食事からもしっかりとお肌に栄養を与えることが
必要になります。

そこで乾燥肌の方におすすめの食べ物は。。。

「鍋!」

できればシンプルに水炊きが一番いいですが、

ビタミンの沢山入った野菜がとれる、
お肌に必要なビタミンB群が入った、お豆腐、あげ、豚肉、鶏肉などもとれる。
そして、亜鉛や鉄が豊富な牡蠣もお鍋に入れると美味しいですよね。

そして冷えた身体を温めてくれるのがあるので、
栄養が効率よくとれて、身体が温まる、
身体も心もほこほこになれる鍋は
乾燥にもよいのです。

冬は週に1度ぐらいはたっぷりのお野菜を入れた
鍋を食べて乾燥対策をしてみてもいいかもしれませんね。

 

鍋の大好きな私は、最近は塩ちゃんこなべがお気に入りです。
これだと出しと少量の塩で味付けをしているので、
そのままで食べることができます。出しをとるだけで
面倒なことはそれほどないので、いまや週に1度は食べている
お気に入り鍋です。

そのときにはデザートにミカンを食べてビタミンCもとるようにしているんですが、
生でとれるのが一番効果的なので、そうなるとフルーツでさっぱりして
終わるのはとってもいいなぁって思います。

今年の冬は鍋+デザートのフルーツで敏感肌を強化していけたらいいなぁ。

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

乾燥肌のお風呂の入り方

458a56d07031a4eb095105c364a1dadd_s

 

11月になってもう1週間。
これはすぐに12月もやってきて年末に突入しそうな気がします。。
クリスマスの準備ももうはじめておかないといけないなぁ。
プレゼントを何にするか今から迷い中です。

 

最近は身体のかゆみも感じるようになってきました。
本格的な冬の到来だなぁって肌で感じています。

 

乾燥肌さんがやっておいてほしいお風呂の入り方って
あるんです。

 

お風呂の温度。
どうしても湯船の温度を高く設定しがちになる季節です。

シャワーの温度は何度くらい?そして湯船の温度は?

できるだけ体温に近い方がいいのですが・・寒い時期なのでそれでも40度ぐらいまでにしておくのが
いいかと思います。

熱いお湯に長く入ればそれだけ必要な皮脂がながれてしまうので、乾燥肌で悩んでいる人は

30分までにするのがいいかもしれませんね。

 

お風呂をでたあとは・・・

すぐに保湿をする。

これは基本ですよね。軽く水気をとってからすぐに

下着を着るよりも早く保湿剤を塗ってほしいです。

 

最後に・・・

水分補給は忘れずに。。

結構これをやらない方って多いそうです。

でも、潤いを逃がさないようにするには

失った水分はすぐに補給をしてほしいのです。

冷たい水は意外と吸収がよいそうで、お風呂上がりの

場合は冷たい水でもいいといわれています。

でも、ビールなどのアルコールは利尿効果があって

逆に体内の水分を減らしてしまうのと、糖質があるので、

血液がねばねばになるのでやめたほうがいいですね。

 

お風呂上がりに血行が良くなって身体が痒くなる方。

これはまさしく、体内の水分不足による乾燥なんですよね。

だから、お風呂の入り方には十分注意してうまくお風呂を

利用してほしいなぁと思います。

 

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分