Monthly Archives: 5月 2015

シャワーだけではもったいない、夏のお風呂活用

62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s

今日も暑くなりましたねぇ
もう30度もあるから
昔ならこれが夏でしたよねぇ。
今は5月でこの気温。。
恐ろしくなります・・・
 

この時期ぐらいから暑さにはめっきり弱くなるのですが、
おのずとお風呂に入らなくなってしまう。。。

そういう人が多いかもしれません。

 

炎天下でお仕事をしている人は
身体を冷やすためにシャワーの方がいいかもしれませんが。

涼しい室内にいる時間が長い人は
シャワーですませるのは実はもったいない??!かもしれません。

 

涼しいところにいると
夏なのに汗をあまりかかなかったります。
そして、冷え過ぎるのもあり、外は
暑いけど身体は冷えている。。っていうことにも。

身体が冷えることで自律神経のバランスも
崩れやすくなるのです。。

 

自律神経のバランスを調整をしてくれる習慣。。。

 

「お風呂

 

まさにこれです。

 

ダイエットをしたい場合には汗をしっかりかきたいものです。

そういうときには

41度ぐらいのお湯で10-15分間肩までつかります。

これで身体も汗や老廃物が出やすくなり、
身体の疲れも取れやすくなるのです。

 

でも、暑過ぎてどうしても眠れない・・・
って人もいます。

そういうときには

40度以下のお湯で最低15分ぐらいに浸かる。
そして寝る1~2時間前までにお風呂を終える。

身体の体温が下がるときに眠気がくるので
できるだけ入浴は早く済ませると寝るのもスッと寝れますねぇ。 また、ぬるめのお湯は副交感神経を優位にして
リラックス状態にしてくれます。
だから、身体をゆっくりと休めたいときにはこの方法がおすすめです。

 

シャワーばかりになりやすい夏ですが、
うまくお風呂を活用して、身体の疲れをためずに
夏バテ知らずの体を目指したいものですよね。

私もお風呂を大活躍させてダイエットするぞー
 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

肌の調子を崩さないための習慣

3d11eb4d44968ba84de5f102f2c7fda3_s

 

もう来週から6月。早いなぁって思います じめじめした時期が来る前にからっとして暑い・・・
なんと気候もめまぐるしいなって思います。
身体の調子も悪くならないようにしないとなぁ
 

こういう気温の変化が激しい時は
肌の調子も崩しやすいもの。
突然のトラブルを感じないためには
日ごろのケアも必要になってきますよねぇ。
肌トラブル知らずになるためのケアを是非したいものです。

 

①紫外線対策

特に5月は暑くなり、からっとしてきます。
肌が紫外線にあたり乾燥状態になると肌トラブルも出やすくなるので、
日焼け対策は必須です。

日に極力はあたらないようにする。
肌を守るっていうのも大事になるので、外出時は
肌の露出は少なめが肌トラブルを防ぎます。

 

②保湿

今のじきぐらいからエアコンがはいる時期です。
涼しくて気持ちがいい~っていう時期ですが、
エアコンがきくと湿度も下がりカラッと状態に。 じめじめの季節は肌表面はべたっとしていても
内側は乾いているインナードライになりやすい傾向が
あるので、スキンケアでの保湿は重要です。
べたつくからスキンケアを怠るのはタブーです
 

③冷え対策

暑くなってくるとどうしても冷房で身体が冷えたり、
冷たい飲み物を飲みたくなったりします。
これは要注意!身体の中はとても冷える状態に。
身体が冷えていると血液循環も悪くなるので、皮脂がねばねばで
肌のざらざらが出やすくなります。
お風呂よりシャワーの回数が増えている人は
是非お風呂時間をとってほしいものです。

 

暑くなるとどうしても不快感をとろうとすることに
目が行きますが、肌の事を考えた習慣を
とりいれることで梅雨の時期もトラブル知らずの
肌をキープできるのではないでしょうか??
気温変化に負けない肌作りのためにできることを
やりたいですよね。

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

白髪染めをする前に注意したいこと

462d1436f677012c752cd6d6c77cb142_s

 

今日も暑くなりましたねぇ お天気がいいのは嬉しいのですが、、
急な気温変化には気をつけてあげないといけないなぁって
思います
アレルギーを持つ私。
敏感肌って本当厄介です・・・
でもうまーく付き合っていかないといけないんで
何か皮膚にあたるものに対しては少し気をつけているのがあります。

 

最近気になっているのが白髪染め。
これは直接地肌につくものだし、ちょっと注意しないといけませんよね。

 

カラーリングや白髪染めに含まれる成分で
アレルギーを起こすこともあるそうです。

 

「パラフェニレンジアミン」

 

この成分にアレルギー反応を起こす人が
いるそうで、身体には負担のかかる成分ということです。

ただ、ほとんどのカラー剤や白髪染めに入っている・・・。

ということがあるんで地肌の弱い人はパッチテストしてから
やった方がいいかもしれませんね。

最近人気のカラートリートメント(薬剤ではない白髪染め)は、比較的アレルギー成分が含まれていませんが、それでも色付きをよくするためなどに、多少は頭皮に良くない成分も含まれています。
その為、購入前に成分の一覧などを確認したいのですが、商品によっては成分表が書かれていない販売ページなどもありますので困りますよね。
『敏感肌の白髪染め比較ランキング』というサイトには、各商品の成分が書かれていて、さらにその成分がどういった原材料から出来ているのか、安全性はなども細かく分析してくれているので、アレルギーや敏感肌で悩まれている方はチェックしてみてください。

あとは美容師さんに相談すること。
今は天然の成分で色を入れるっていうこともできるし、
根元の部分に液をつけないでやるっていう方法もあるので
心配な人はまずは専門家に相談することから始めるのも
いいかもしれません。

 

・免疫が落ちやすい時期

・疲れが溜まっている時

・妊娠中

・生理時

 

これらの時期には
体質が変わりやすい時期なのでカラーリングや白髪染めは注意した方がいいですよね。

 

カラーリングをするときにはできるだけ体調がいい日。
そして、身体もリフレッシュできている時にやるのが
おすすめです。

気分的にも美容室に行くときはウキウキしていきたいですしねぇ。
タイミングを見ながら美容室に行くっていうのも考えたほうがいいかもしれませんよね。

 

白髪染めもしないといけないかなぁって思うこのごろ、
美容師さんにも相談してみたいなぁて思います。

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

梅雨前のプチうつ対策

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

 

GWが終わってしまって、日常に戻ると
なんとなく疲れがぬけにくくなっている・・・。
 

そんな感じがするのがあるんですが、、
GWをハードに動いた方は、、、

身体がリセットされていないのかも・・・。

疲れが溜まってそのままにしていると

・なんだかだるい・・・。

・眠い

・腰や肩などに痛みを感じる。

などということにもつながります・・・。

 

5月病の1種ともいえるかもしれませんが、
それとともに、暑くなっ梅雨が来るので
気温の変化に身体が絶えられなくなるのもあるかもしれません。

 

身体のプチだるさを解消させるために是非やってほしい3つのこと・・・。

 

①身体を休める。

GW明けから忙しいが続いている人も多いはず。
それでも夜遅くまでTVを見たり、スマホやPCをいじったりしていませんか?
知らず知らずにオーバーワークになっている時期は
しっかりと質の良い睡眠をとってほしいですよね。

②水をとる。

気温が上がり、汗をかきやすくなっている人はできるだけ
水分不足にならないようにするために、水を飲む習慣をつけましょう。
水分不足から身体の血液循環も悪くなり、老廃物も出しにくく、疲れが溜まる
ということになります。
水分は水で!という習慣が身体を軽くしてくれます。

③軽いストレッチや運動を入れる。

特に疲れやすくなると筋肉の硬直が起こりやすくなります。
肩や腰など、特にお仕事で酷使する部分はそれぞれ違うはずです。
そこで全身を緩めるために軽いストレッチを入れることで身体を
すっきりさせてくれるます。身体の疲れている部分を感じながら
きもちいいとかんじる程度にやることが大切です。

 

じめじめした梅雨には気分も上がりにくくなります。
その前に身体をリセットして梅雨を乗り切る準備をしたいですねぇ。

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

気をつけたい、制汗剤の使い方

 

1b9e3d7b773227b8fd6f439cb540fc2c_s

 

GWも終わってしまいましたねぇ
あっという間のGW。お休みって本当に早いなって
実感でした
GWはお天気も良く、子どもたちと
一緒に外に出る時間が長くなったので
汗をかきやすかったなぁって感じです。

 

そこで気になるのが

 

「汗のにおい・・・

 

これを消してしまいたーいと制汗剤をシュー、シュー
するのが高校時代流行っていました・・・

 

でもこれってちょっと恐ろしいこと。。

 

制汗剤も化学物質でできています。
そして化学的な香り・・・。これを長時間大量に皮膚につけておくことで
毛穴から毒素や汗を出すことを妨げてしまうのです
 

汗を出すことは自然なこと。それを妨げることで
老廃物や毒素を出しにくくしてしまうことにもつながるのです。
しかも化学物質過敏症の私はシューシューすればかなりかゆくます。。

 

なので、今はつかっていません。

 

汗をかいた時に大事なのが

 

「かいた汗を衣服に残さないこと。」

 

汗が肌に残ると、当たり前ですがこれがにおいの原因なります。
外から出て汗をかいてしまったら、コットンに水分を湿らせてふくだけで
いいのです。また、拭くことができないなぁって思うときには
脇だけでも汗とりパットを使う。そして衣服に汗を残さないようにすると
汗による臭いを軽減することができます。


 

また、下着も汗を吸い取って通気性がよくなるような
綿のものを一枚きるようにするといいですね。

 

ポリエステル製のものは通気性も吸水性も悪いので
汗が残りやすくなってしまうので要注意です。
外に出るときには1枚吸収の良い下着を身につけてみてください。

 

これからいよいよ夏に向けて汗をかく時期になります。
制汗剤のつかいすぎに注意して暑い時期を
乗り越えていけたらいいなぁって
思っています。

 

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分