Monthly Archives: 6月 2015

パン好きが及ぼす身体の影響

0aa9e963d582b5940b764a37acc9f2be_s

今日も雨になりましたねぇ
雨の日の前は片頭痛がしたりと
何かとトラブルのが出やすいので
生活習慣を見直しています
年々、身体の疲れを感じやすくなっているので、
今年は身体の疲れの原因を見つける為に
あれこれと試しています。

パンが大好きな私。
女子の好きなパン、パスタ、ケーキすべて好きです(笑)

でもパンやパスタ、ケーキなどに含まれる
グルテン。これに過敏に反応をする人がいるって
言うのを知りました。

「グルテン過敏症

と呼ばれるもので、

この症状から

膨満感
下痢
便秘
貧血
低血糖
口内炎
じんましん
抜け毛
不妊症
アレルギー

などの症状が出るということなのです。

私もあてはまる部分が多すぎて、グルテン過敏症?
って思ったのですが、

もともと欧米の食事に慣れていない日本人は
グルテンに対して吸収しづらいのがあるようで、
腸に炎症を起こした状態が続いて上記のような
症状が出やすくなるそうです
 

自分がグルテンフリーかも?って思ったら
完全に2週間グルテンを含む製品を抜いてみる。
それから食事を元の食事に戻してみる
ことをしてそこから身体にどのような変化があるかを
みるそうです。

食後2時間以内に、身体が疲れやすい、イライラする、
集中力の低下、便の悪臭、急な下痢や便秘などを感じる
ようであればグルテンに過敏に反応しているかもしれません。

ただ、、、

現代は完全にグルテンを抜くって難しいことです。
入っていないと思っているものでも加工食品に
入っていたり。。。
制限がきつくなればなるほど身体にとってもストレスを
感じてしまいます
身体にストレスを与えない程度に
身体にとっていいものを選べたらいいなって思います。
少しずつ減らして、そこから食べたくなくなっているのがあるので、
私もゆるーく取り入れて身体の変化を見て行きたいと思います
 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

肌荒れの原因になる○○

8498ab63959e5bfb2022155584081dbd_s

 

今日は暑いですねぇ~温度も一気に上がっているので
体調崩さないように気合いが入ります!!

 

そして、夏は肌のトラブルが出やすい季節・・・。

なんです!!

 

もちろん冬場もなのですが・・・
特に夏の肌を苦しめるのは・・・

 

「エアコンと紫外線」

 

なのです。。。

 

年々夏の温度が上がっていく中、
35度なんて当たり前になっています。

しかも紫外線量も増えている・・・。

 

この室内との温度差によって起こるのが・・・

 

「自律神経の調整がうまくいかない・・

 

のです。

 

自律神経の調整がうまくいかないことで

・冷えやすくなる。

・疲れやすくなる

 

このことから血液はドロドロに・・・。
酸素と栄養の運搬を行うのは血液なのですが、、
皮膚への運搬は最後なのです。

 

なので、髪や肌にハリやつやがなくなると要注意!なのです。。。

 

7,8月は紫外線量がピークになります。
防御していてもある程度は日焼けしてしまうことも。。
ちょっと外で洗濯ものを干すだけでも日焼けしちゃうんですよ。。

 

紫外線に当たると肌は乾燥しやすくなり、皮膚には
活性酸素が発生します。その活性酸素が皮膚に悪さをして
シミしわたるみの原因になるのです。

 

この時期は肌をいたわるケアをしたいですよね。

 

①自律神経に調整スムーズにする

このためにやりたいことは・・・。

 

「お風呂

 

なんです。お風呂に入るとリラックスして副交感神経が
優位になります。エアコンで冷え切った体を温める効果もあるので
ぬるめのお湯にゆっくりと浸かるのもいいですよね。
その際にリラックスのアロマオイルをたらしておいたりするのも
癒しの効果があります。

 

②活性酸素除去対策

 

これを手っ取り早くしたい!と思う方は。

 

「水素水を飲む

 

なんです。今は美容にも健康にも取り上げれられている
水素水。体内の活性酸素が水素と結びついて
除去してくれる効果があるということです。

 

お風呂に入る前に水素水を飲むのもお勧めです。
汗をかく前にとりいれることで老廃物も流れやすくなるんですよ!!

暑くなり、夏バテだけでなく肌もばてばてになりやすい時。

身体の調子を整えて肌にもやさしいことをしてみてはいかがでしょうか?

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

たるみを気にする人に共通する特徴

b298de1d1595cba4d6e781142e75b5d7_s

 

今日もまだまだ梅雨は続きます・・・・

身体のだるさがでやすいので、、
身体をいたわることばかり考えていますが・・・
 

それと合わせて気になるのが肌の事。。
30代を過ぎるとどんどん肌の老化を感じます。。

 

特に35歳から急激に肌のトラブルを感じる人が多いそうで・・・

 

私もその一人です。

 

30代に多い悩みの1つが・・

 

「たるみ」

 

だそうです。。

 

たるみなんて20代ではあんまり感じていなかったのですが。。。
30代になって法令線が深くなればなるほど、、
見た目年齢がアップですよねぇ。

 

だから、たるみ改善!
とはりきって、マッサージしてみたり、シートパックしてみたり。。

 

いろいろやってみました

 

が・・・・

 

 

効果はそんなにでるものではない・・・。

 

 

たるみを気にする人に共通することの1つに、

 

「炭水化物や甘いものが好き

 

があります。

なぜ皮膚のたるみを引き起こすのか??!

 

炭水化物や糖質は糖分

身体のエネルギーになるので必要なものなのです、、

これらをとり過ぎることによって、

皮膚の張りを作るコラーゲンに付着して
断裂させてしまうという厄介なことが起こるのです!!

・甘いものがやめれない

・お酒が好き(お酒も糖分です。)

・パン、パスタ、麺類が好き

 

こういう人は要注意!食べ過ぎることにより
どんどん身体の中のコラーゲンが切れやすい
状態になるのです。

甘いものが好きな人は消化器系が弱い人が多く、
身体に栄養がつきにくいので筋肉もつきにくい人が
多くなります。

なので皮膚の筋肉の表情筋をも支えられずにたるみやすくなると
いうことにもなるのです。

 

甘いものが好き、、、だけどやめれない。。。って
いうひとは、

「その肌たるんでもいいの?

って問いかけると少しでもセーブできるかもしれませんね。

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

だるさに関わる睡眠不足

7f5ed252cb99969170f39e84749c5eb3_s

 

今日もどんよりとした天気になりましたねぇ。

天気が悪いので気分も少し下がり気味になりそうですが、、、
気合いを入れつつ、テンションあげていこうって思います。

 

梅雨時期のだるさが続いている私ですが、、

だるさの原因の1つに

 

「睡眠不足」って

いうのも関係しているです!!

睡眠不足があると、

実は食欲をアップさせるホルモンである
グレリン(名前がかわいい)

というホルモンがアップします。

逆に満腹感にかかわるホルモンである
レプチンが減るので、

食べ過ぎ・・・ 太りやすくなるのです。・・・
食べ過ぎるとそれを代謝するのに沢山の
エネルギーを必要とするので疲れに
拍車がかかる原因となるのです。

 

睡眠不足にならないためにも
安眠環境を整えること!

こんなことを参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

①10時~2時までの間に熟睡状態に入る。

これは成長ホルモンがでる時間帯。
身体をリセットして、疲れをとってくれるためにも
成長ホルモンをたっぷりと出したいところです。
だいたい熟睡状態のレム睡眠にはいるのが
1時間半周期といわれているので12時ぐらいまでには
寝たいところですね。

 

②眠るまでにリラックス状態をつくる。

質のいい睡眠はどれだけその前にリラックスして
副交感神経優位にしているかで決まるといわれています。

リラックスするためにも寝る前にノンカフェインの
ハーブティを飲む。 白湯を飲む。 お風呂に入った後は少しストレッチをして身体を
緩めるなどするといいですよね。

 

③考え事をしない。

考え事をしたまま寝ることで、脳はずっと活動したままで
寝ることになります。質の良い睡眠にならない場合もあるので
できるだけ無の状態で寝るのがお勧めです。

 

④蒸し暑さを取り除く

蒸し暑いと夜中に起きてしまって朝はぐったり・・・
ってこともあります。程よく扇風機やエアコンを使って
室内を安眠環境にするのも重要です。

 

疲れやすい時期だからこそ、
できるだけ身体に負担がかからないように
安眠できるといいですよね。

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

梅雨のだるだる解消法

a6d374e14dd68d220b8c789974156284_s

 

今日もあいにくの雨ですねぇ 梅雨の中休みがあったかと思えば
雨がしとしとつづく。

気温の変化が激しいのでかなーり心配です。

身体が疲れやすく、ダルダルしやすい時。
だるだるを解消させるための方法で
疲れをためないようにしたいものです。

 

①ストレッチ

梅雨時期はどうしてもだるさが出やすく、
動きたくない時期。
しかもオーバーワークになればなるほど
不快感も出やすくなります。

そんな時には身体を伸ばしたり、するストレッチが
おすすめ。

なかでも全身の血流を良くしてくれるのが、

「スクワット」

疲れたなぁって思ったらこっそり5回程度するだけでも
リフレッシュできます。

 

②軽い運動

運動は全身の血液循環を良くするのに
お勧めです。程よい運動ぐらいだと自律神経のバランスを
とってくれます。運動が苦手な人はヨガなどの
ゆっくりした動きをすることから始めてみるのもいいかも。
また、運動をする時間がない人は
階段を使って運動するなど、普段の動きに運動要素を
入れるとお勧めです。

 

③クエン酸とアミノ酸

疲れが溜まってしまうと体内には乳酸が溜まります。それが蓄積すると
だるさにつながるので、疲労を感じているなぁと思った時には
クエン酸とアミノ酸をとるのがお勧めです。アミノ酸はたんぱく質から
とることができのですが、クエン酸をとるなら疲れた時に梅干しを食べるのが
おすすめ。クエン酸とほどよいミネラルで梅雨バテ防止にもつながります。

 

④睡眠

だるさが出るときには副交感神経が優位になっているのですが、
疲れが溜まり過ぎている時には睡眠はしっかりとりたいですよね。
質のいい睡眠をとるためにお風呂上がりから30分ぐらいで寝るのが
ポイントです。その際、テレビやスマホ、PCなどで興奮させないようにしてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

更年期障害

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

 

今日はてんきがよく、気持ちがいいですねぇ。
梅雨の中休み、大事にしたいものですよねぇ(笑)

40代にかけて身体の変化をかんじる人も
多いと思います。

「老化・・・

嫌だけど避けて通れませんよね。

女性が特に感じる老化の1つが

「更年期障害

 

今までとは違う異変が、閉経前の5年ぐらいから
おこるそうです。

症状も代表的な

・のぼせ
・ほてり
・ヒステリー

などだけではなく、

・腰痛
・肩コリ
・肥満
・痩せ
・むくみ
・冷え

など40代50代の人でこのような更年期かな?って
思う症状を感じる人はなんと8割も!いるそうです。

原因としては女性ホルモンであるエストロゲンの減少に
よりおこるそうで、脳の自律神経を司る機能が低下するので
不調を訴えるそうです。

また・・・

若いころにしていた

・オーバーワーク
・過度なダイエット
・偏った食生活
なども関係しており、
40代、50代だけではなく、早くて20代から
この不調を訴えるひともいるのだそうです!!
こういった不調は起こしたくない!って
思う人も多いはずです!!

不調をできるだけ避けるためには・・・

①ビタミンEのはいったものを意識してとる

ビタミンEはホルモンバランスを整えてくれるビタミン。
また自律神経のバランスの調整にも必要なビタミンです。

アーモンドなどのナッツ類。オリーブオイル、
大豆製品などをとることをおすすめします。

 

②運動

運動が苦手な方でも不快感を泣くには・・と思って
始める人も多いそうです。苦手なものは続かないので、
まずは身体をうごかすことから。家事もしっかり身体を動かして
やるなどしてしっかりとからだ作りをしたいですよね。
理想は有酸素運動。自律神経や呼吸器系のバランスを整える
ことができます。

 

③ストレス発散の趣味

趣味で没頭することでリラックスにもつながります。
身体が疲れやすくなる時こそ、自分の好きなことを
してリフレッシュすることもおすすめです。

 

年齢とともに疲れ知らず!になるまでには
ちょっとした工夫が必要ですが、うまく回避できるように
すごしていけたらいいですよね!!

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

プチうつをはね飛ばす3つの事

d48985e9433572f810806e7bea6c01df_s

 

雨が続いて気分も下がりやすくなる時期ですねぇ。
こんな時期ってあるあるって感じですが。。。
それが梅雨になるとずっと続くので
身体もお疲れモードになりやすくなります
 

・疲れやすい
・だるい
・11時には寝たのにまだ寝たい
・肩コリ
・頭痛
・集中力・注意力が低下している
・最近笑わなくなった
・将来の希望がないと感じてしまう

 

こんな症状が続けばプチうつになる可能性も??!あるんです。

 

これでは夏の暑い時期になればまた夏バテになってしまうことも
あるんですよ!!

 

プチうつをはね飛ばすためにやりたいおすすめの3つ!!

 

①とにかく泣く

 

なくという行為は交感神経が優位になっているところから
副交感神経が優位になる切り替わりになります。なくとすっきりするというのは
ストレスから解放された証拠です。好きなドラマや映画などで思いっきり
なくことがお勧めです。

 

②自分へのご褒美時間をつくる。

リラックスするための時間を5分でもいいので作ること。
美味しいものを食べるとかでもいいし、
次どこに行こうかとリサーチするのもいいし、
髪を切ったり、買い物をしたりと

自分のための特別な時間と思って没頭する。
それだけで心が安らぐといいます。

 

③少量を小分けにして食べる

しっかり食べると内臓に負担がかかって疲れやすさが
アップすることがあります。そういうときには少量を
数回に分けて食事をすることで一気に食べることで
疲れることを防いでくれます。

 

仕事、家事、育児などで
ストレスが溜まりやすい30代といわれています。

実はしらずしらずのうちにプチうつになっているってことも
多いそうです。梅雨でプチうつに拍車がかからないためにも
自分なりのストレス解消法を探すと
自分の心身のコントロールがつきやすくなりそうですよね。

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分