幸せ~と感じてストレスを減らす習慣



今日も急に寒くなりましたねぇ。
寒さが厳しくなると、何もかもめんどくさくなる。。
なんて人や、、家から出たくない・・なんてことも
あるかもしれませんねぇ。

でも、幸せと感じて、ストレスを減らせば、
行動も活発になるかも?!しれません。

ストレスをためない幸せ習慣やっているかチェックしてみてください!

幸せと感じるのは
脳内でおころる幸せ物質「セロトニン」
が分泌されることです。
「ハッピーホルモン」とも
言われいます。心身の安定と安らぎをもたらしてくれて
る重要な物質です。

セロトニンを出すには・・

【トリプトファン】をしっかり出すこと
セロトニンに必要なものはトリプトファンといわれるアミノ酸の物質。
これが体内に入ると最終的に脳内に張ってセロトニンを作ります。
それを脳内に届けるには炭水化物が必要。
そのあとトリプトファンからセロトニンにするために必要なのは
ビタミンB1と呼ばれる物質です。

トリプトファン、炭水化物、ビタミンB1を効率よくとるのに
おすすめが【バナナ】


朝日を浴びて、一定の動きをすること
=ラジオ体操
がおすすめ。

これもセロトニンを出すのに効果的といわれています。


お風呂では40度ぐらいのぬるめのお湯につかることで
自律神経のバランスがとれて興奮している状態を
おさえてくれるのです。


また、親しい仲間や家族との会話もセロトニンを
アップさせてくれるという効果が出ているとも
研究結果で出ているそうです。


朝は朝日を浴びてラジオ体操をして、
バナナをとりいれたバランスの良い食事。
そして夜はお風呂でゆっくりつかって
家族や仲間とのだんらんを楽しむ。
これが幸せホルモンを安定させて出せることができるかもしれませんね。

冬で寒くて引きこもりになりがちですが、
こういうときこそアクティブになってみては
いかがですか??

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

Comments are closed.