30代後半から感じるトラブル

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

じめじめした日が本格的になっていますね。
雨が続くことでだるさもでやすくなるのですが・・・。
30代後半にもなると気候の変化についていけない・・・って
こともありますよね・・・。

 

30代後半になると
女性は特に女性ホルモンのバランスが崩れてくる、
エストロゲンが減ってくることによりトラブルを
感じることが増えてきます。

女性ホルモンに影響される身体の変化としては

・髪の毛

特に

「抜け毛」&「白髪」

は30代後半の悩みに上がってくるといわれています。

「抜け毛」&「白髪」

はどちらも女性ホルモンのバランスがくずれることが
影響されるといわれているのです。
抜け毛は

男性ホルモンである「テストロゲン」が増えることに
よって髪の毛の成長を妨げてしまうと
といわれています。

また、白髪については

髪の毛の色素をつくるメラニンの成分がうまく機能しなくなること。

女性ホルモンの中のエストロゲンも髪の毛をつくるための
手伝いをしてくれるのです。

このエストロゲンが減ることにより、うまく髪の毛を
つくりだすことができなくなるというわけです。

女性ホルモンのバランスを整えるためには
トータル的な生活習慣の見直しが必要です。

食事だけの改善だけでもだめだし、
睡眠だけとれていたらいいということでもありません。

まずは身体に負担がかかっているかな?って
思う習慣をやめること。

そして、心と体にストレスをへらすこと
これをするだけでも、ホルモンバランスの安定に
つながるのです。

無理なく続けることが一番のポイントです。
これからさらに負担をかけないようにするためには、
自分が生活に取り入れやすい身体にいいことを
続けることです。

それを、

・食事 ・運動 ・睡眠
この3つともに気を配れるといいですよね。
身体に優しい生活習慣でトラブル回避してくださいね。

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

梅雨本番の時期にやりたいこと

2c892444ebe4e41ca0eea8ed7d260a7b_s

いよいよ梅雨も本番に入りましたね。
これから梅雨のいやな時期に入り、

何かと 嫌なことが増えるかなぁって感じですねぇ。。
体内にも余分な水分が溜まりやすく、悪影響が おこりやすい時期なのです・・・
しかも湿気の時期に繁殖率が5倍アップするといわれているのが・・

「カビ」 「細菌」

ここから体内に入ることでさまざまなトラブルにつながったりします。
ダニやアレルギーも起こりやすくなったりすることもありますので、 気をつけないといけませんよね・・・ 気をつけたいポイント!!

①空気の換気をすること。

室内を締め切った状態にすることで、じめじめとした 状態がつづき、
カビの原因にもなります。
扇風機やサーキュレーター またはエアコンの送風を使うなどして
1日1度程度は換気をして じめじめの状態をつくらないようにしましょう。 
 

②手洗い・うがい

菌が繁殖しやすい時期、家に帰れば外からの菌も持って帰ることになります。
徹底してやりたいのが手洗い。
食中毒の予防だけでなく、おうちで菌が繁殖するのも防ぎます。
菌が繁殖しやすい時期ですので、アルコール消毒もするのも
いいでしょう。

 

 

③部屋干しは短めに

雨で洗濯ものが乾かない時期ですが・・。これは部屋の湿度を
あげて、菌も増やしてしまう原因となります。なるべく部屋干しは
するときは扇風機などをつかい、6時間以内に乾かすようにして
部屋の雑菌の繁殖を防ぎましょう。
また、短めに乾燥機を使うこともお勧めです。
それだけでも乾かす時間を短縮することができますよ!!

雨が長く時期。じめじめした日が続くことで
体調が崩れやすくなったりするなどということが
ありますが、快適に過ごせる空間づくりを心掛けるように
してみてくださいね!!

 

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

ストレスに関わりあるホルモン

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

ストレスを感じる現代社医会・・・。
生活していると、少なからず
人間関係や仕事のストレス等、ストレスを抱えなくて済む
ということはありませんよね
ストレスを感じるとそれを抑制させるホルモン。

「コルチゾール」

と呼ばれるホルモンが出て、ストレスに打ち勝つのです。
コルチゾールはホルモン副腎皮質の一種で
出すぎることで体内の副腎に負担がかかり、
身体の不調につながることもあるのです。

 

・夜のねつきがわるい

・太りやすくなった

・風邪などひきやすくなった

これらはコルチゾールの分泌が過剰になることが原因で、
おこる身体のサインかもしれません!!

成長ホルモンや代謝ホルモンの一種である
「メラトニン」や「セロトニン」これがコルチゾールが
沢山分泌されることによって減ってしまうのです。
成長ホルモンの一種であるメラトニン。代謝能力も低下して太りやすくなったり・・・
セロトニンが減って、リラックスできずに寝つきが悪くなることも・・・

またコルチゾールが増えることで、免疫力も低下します。
免疫力の低下により、風邪などの病気も増えてしまいます。

「コルチゾール」の増え過ぎを防ぐには

 

ビタミンCをとること

ビタミンCはコルチゾールを増えすぎを
抑えてくれる役割があります。朝に分泌されるので朝とるのがお勧めです。

②青魚をとること

青魚のオメガ酸脂肪酸がコルチゾールの抑制効果があるといわれています。
サバやアジなど焼き魚をとるのもおすすめです。

現代の食事は欧米化になっているのもあり、意識してお魚やお野菜など、
とることでストレスに打ち勝つことができるかもしれませんよね。

ストレスがたまりやすくなっているなぁと感じるときには
不調を訴える前にぜひやってみてくださいね!

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

梅雨の不調があるときには・・・

86a6adbc65fb9846866e2783999474fb_s

天気がころころと変わりやすい日が続いていますね。
天気が悪いと憂鬱になりがちですが・・・。 これから梅雨も始まるので
なんとか乗り切っていきたいなぁと思っています。
雨の日って何かと体調不良があったりすることなど
もあるのですが、
実は雨の日に体調不良を訴える人は2人に1人もいるそうです!!

これは気圧の関係により、血管やリンパ液が弛緩して
膨張します。=血行不良になり、
不調を訴えるのだとか。

この状態を脱するためには…

「血液循環をよくする」

ということなのです。

この時期におすすめの血液循環を良くする方法は・・

「ぬるめの入浴」
なのです。

暑いお風呂になかなか入りにくくなる時期。
39~40度ぐらいのお湯にゆっくり浸かることで
じっくりとあたたまりやすくなります。
暑すぎると神経のバランスが交感神経優位になりやすくなるので、
だるいなぁと感じるときには逆効果になるかも・・・。
ということで、なるべくぬるめのお湯に
20分程度までで浸かるのがおすすめなのです。

また、

「おうちヨガ」

などの軽いストレッチを朝、晩と10分程度でもすることは
リラックス効果と血液循環をよくするには
お勧めです。
雨などで外での運動ができない場合にはそういった方法を
して血行促進をしてみてください。

そして、

「しっかりと寝ること。

質のいい睡眠を心がけることも必須条件です。
朝明るくなるのが早い時期には、早めに起きて
早く寝ることをすることで
疲れを残すことなく過ごすことが
できるかもしれませんよね。
質のいい睡眠・・・なので、直前まで脳に刺激を与える
TVやPC、スマートフォンはやめませしょうね。

疲れを感じやすい梅雨の時期こそ、
自分の体を十分にいたわってあげてみてはいかがでしょうか??

 

 

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

身体に優しい食べ方の工夫

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

冬から春にかけて活動的になる時期ですよね。
そして、春は代謝して老廃物を出しやすい
時期になります。 こういう時期にダイエットをするのが
効果的!!
この時期から始めたいダイエット。
でも、食べることはやめたくない人も
多いはず。

そういう人は食べる時間を工夫してみませんか??

食べる時間とは特に朝ごはん。

・1日2食で朝は抜く
・朝ごはんはかなり軽く
・夜ご飯の比重が重い

という人は太りやすい食べ方になっているかも
朝こそ起きて体内時計をリセットする
時間帯。体内時計がリセットさせて
しっかり代謝を促すことができるのです。
なんと夜の5倍もカロリーを消費できるとも
いわれています。
なので、美味しくご飯を食べて体内時計が
きちんと正常に動くようにすることが大事です。

朝ごはんのおすすめは

糖質+たんぱく質

糖質はエネルギー源になりますが、
それと一緒にたんぱく質をとることで消費も早くなります。 また、好きなものを食べていいのが、昼の時間帯。
朝ごはんから最低でも3~5時間はあけるようにしてください。
胃腸が活発に動いて排泄を促すのにこのくらいはかかるといわれています。
胃腸が空腹を感じるときに食べるといいといわれています。

また、14時ぐらいをピークに食べたものが脂肪につく働きが
BMAL1が弱まります。その時間には好きなものを
食べて満足することでストレスなく過ごすことができます。
そして夜は昼がっつり食べた分控えめに。
できれば次の日の朝までに14時間ぐらいあけると
いいでしょう。

普段からこの食べる時間を意識することでも
ダイエットになります。食べ過ぎは良くありませんが、
適度に食べて身体を動かすことをとりいれて
負担なくダイエットを続けるのはいかがでしょうか?
楽しんでダイエットが成功する秘訣ですよね。

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

肌を甘やかさない洗顔法

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

暑さを感じる日が増えてきましたねぇ
梅雨がくる前に夏が来た感じですが・・・
急な気温差には気をつけたいものですよね 暑くなってくると気になるのが
肌が変化しやすいということ・・・
・べたつき
・乾燥
・毛孔のひらき

など、
紫外線やエアコンの影響、また室内との気温差などに
より肌にもダメージを受けやすいのです。

でも敏感肌や乾燥肌の方によくいわれるのが・・・。

「敏感だし、朝は洗顔しない」

ということを聞きます。
これはちょっと・・・。なのです!!

乾燥してぬるま湯で洗って洗浄剤をつけるだけで
顔がひりひりとする
→ぬるま湯で洗顔

そうでない場合
→洗浄剤を使って洗顔

というのも、夜から朝にかけても、汗をかいたり、
埃をうけていたりして顔は見えない部分でも
汚れているものです。
優しく洗浄剤を遣って洗うことで、
次に使う化粧水などもきちんと入りやすくなるのです。
特に気をつけたいのが、

洗顔の力加減。

目安はゆで卵をなでるくらい!

軽く触る程度で大丈夫です。
洗い流すときにも優しく人肌程度のお湯を
かけてあげてくださいね。
手と皮膚がこすれることによって負担がかかることも
あるので注意してくださいね!!
敏感肌だから・・・といって
あまり手をかけすぎないのも肌を元気にするために
逆効果になってしまう場合もあるので
注意してくださいね。

また、洗顔をすることで自分の肌の状態を
感じることができます。今日は肌がぴりぴりするなぁって
思うときだけは朝の洗顔は中止する。
またできるだけメークを控えるなどといった
こともわかるのです。
オーダーメードのスキンケアは自分がつくるもの。
是非朝の洗顔で自分の肌と向き合ってみてはいかがでしょうか?

私もこの夏は自分の肌としっかりと向き合いたいと思います!

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分

5月は絶対注意!したいこと

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_s

ぽかぽか陽気が心地の良いのが続くっていいですよねぇ
ゆっくりしたいなぁ~のんびりしたいなぁって
思う日が増えています。
やっぱり天気がいいのは嬉しくなっちゃいます 晴れは最高だなぁ。

そんな天気の良い日は外でBBQや
ピクニックに出かけたり、野外での
イベントに出たり。
何かと

「紫外線」
にあたる日が増えるかもしれません。敏感肌の方なら
絶対にちゅういしてもらいたいのですが・・・
実は・・・

そう、うっかり日焼けをしやすいのが
5月なのです!!
5月は7月と同じくらいの紫外線が
降り注ぐ日もあるのですが、
うっかり帽子を持っていなかった、
紫外線対策をしていなかったなどということが
あったりもするのです。

1日に6分間紫外線に当たれば
肌にダメージがあるといわれています。
しっかりと紫外線対策をしてほしいですよね。
①帽子+日傘でダブルブロック

紫外線に当たる時間が長い時には
帽子と日傘でダブルで紫外線カットするのも
効果的です。
帽子はつばの広いものを。日傘は
色の濃いものを選んでくださいね。

②3つの首に注意。

夏になってくるとでるのが、
手、脚、首。この部分はうっかり日焼け
する部分になります。だからこそ
しっかりとガードするか、
日焼け止めを塗るようにしましょう。

③積極的に抗酸化物質をとる

日焼けをしそうだなあと思う日の
1週間前くらいからしっかりと
日焼け対策に抗酸化成分の入った
食事をとるようにしましょう。
特におすすめはリコピン。
リコピンはトマトに含まれる抗酸化
物質。
トマトだと1日2個ぐらい
トマトジュースだと1杯くらいで
補うことができます。
紫外線対策、できているようでできないのが
5月のこの時期です。
うっかり日焼けしちゃったでは
遅いのです。これからどんどん紫外線も
強くなってくる時期です。
しっかりと対策をしてみてくださいね。

コメントは受け付けていません。

Filed under 危険な成分